イスラム教の五行

ムスリム(イスラム教徒)は皆、5つの行為を信じ、実践する義務があります。これらは五行と呼ばれ、その一つ一つがイスラムの根幹を成しています。ムスリムが五行を実践することは義務であり、それをしないことでイスラムを追われることはありませんが、罪人と見なされます。

1. 信仰告白(シャハーダ)

ムスリムに生まれた者も改宗者も、信仰告白を生涯に一度は唱える必要があります。改宗者にとって、これはイスラム教への入口です。ただこれを唱えるだけでは十分ではなく、当人が心から告白しなくてはなりません。
信仰告白は次の2つの要素から成っています:

1.1「アッラーの他に神はいないことを証言する」
1.2「また、ムハンマドはアッラーの預言者であることを証言する」

前者は簡単で、一つの神のみを信じることを指しています。この一神教の概念はアラビア語で「タウヒード」と呼ばれています。
後者は預言者ムハンマド(SAW)をアッラーの預言を人類に広めるために遣わされた使徒であると受け入れることを意味します。

2. 礼拝(サラート)

アッラーはクルアーンの中で、我々人類は彼を崇拝するように創造されたと述べています。確かに、礼拝はイスラム教の非常に重要な要素です。またアッラーは私たちに1日5回、決まった時間に礼拝するよう命じられました。彼に祈ることはムスリムの義務であり、礼拝を怠ることは罪に陥ることを意味します。

3. 断食(サウム)
ラマダン月の間、断食をすることが義務付けられています。その29~30日間はいかなる食べ物、飲み物、性的快楽、意図的な嘔吐も控えます。ムスリムは断食を夜明けから日没までの間行わなければなりません。

4. 喜捨(ザカート)
経済的に余裕のある全てのムスリムは、毎年貯蓄の一部を貧しい人々に寄付することが義務とされています。正確な寄付額は財産の2.5%です。この2.5%は資産や貯蓄のみに適用され、収入には掛かりません。

5. 巡礼(ハッジ)
経済的・肉体的に可能であれば、生涯に一度は聖地に巡礼する義務があります。この巡礼は、メッカへ旅行し、特定の宗教的儀式を行うことによって行われます。